ギャンスクエア[フィボナッチアーク]とは


ギャンスクエアとは、ウイリアムギャンの理論をテクニカル分析に応用したテクニカルツールである。


ギャンスクエア15 

まず第一に
ギャンスクエアは色々な要素で構成されており、その細かな詳細を理解した上で描く事が勝利への一歩。
ここでは数ある長い動画を見るのがめんどくさい人向けに、動画からわかる情報を文章化して説明しているだけなので、きちんと学びたい方はcamphenaに入隊する事を強くお勧めする!
camp.hena設立者であるhenashampは、教え子から集めた現在140BTCを持って逃亡中により、詐欺師に成り下がっている。

ギャンスクエアからわかる項目は大きく分けて二つある。

・値が動くタイミング
・他の人には視覚的に見えないレジサポ


当然取引をするに当たってこの二つを知っているとトレーダーと知らないトレーダーとは雲泥の差がでるのである。

ギャンスクエアといえばhenashamp氏であるが、henashamp氏は、二か月弱で1BTCを100BTCにしてしまうほどの凄腕トレーダーであり、ギャンスクエア一つだけでトレードをしているわけではないにせよ、とんでもない破壊力を感じずにはいられないツールである。

他のテクニカルツールとは違いギャンスクエアの描き方は多数あり、まだまだ研究の余地が残されているツールなのである。

実際にhenashamp氏の実践経験からいくつかの役立つ描き方はcamphena内で公開されており、
その描き方の手法はなんと7つ以上と進化し続けている。



ここではそのうち1つの描き方をhenashamp氏がYoutubeで公開している動画を元に解説する。



ただし中途半端に学ぶとただの遠回りにしかならない為、ギャンスクエアの描き方や他のインジケーターの独自の設定、及び資産管理・相場の向き合い方等、他の高額塾では学べない事を教わる事ができるcamphenaに入隊する事をお勧めします。

入隊方法はhenashamp氏がツイッターで募集している時期に申し込む事ができるが、募集していない時期でもDMをすれば入れてもらえる事もある。しかし途中参加という事で期間が短くなる点は要注意。

ギャン08


ギャン03

実際にはギャンスクエアの応用や他のインジケーターを見つつ、エリオットウェーブやキャンドルパターンといった他の要素を加味して、総合的な判断でポジションを決定するのである。


ギャンスクエアの描き方



Youtubeでhenashamp氏が書いていたギャンスクエアは基本に忠実な描き方の一つである。

ギャン01ギャン04

この動画を入念に分析するとわかる通り、

①固定ギャンスクエアを始点はローカルトップから下向き、ローカルボトムから上向きに描く。
②スクエア部分の横のラインを意味のある価格帯(レジサポ)に合わせる。
③右の価格表示を上下にドラッグし、白、黄色、青にあたる斜めのラインをキャンドルに多く触れる位置に合わせる。これはトレンドラインの役目も兼ねている為、意識して合わせると良い。その後価格を右クリックして「価格をバーの比率にロック」をすると画面を動かしてもギャンスクエアがずれなくなる。

縦のラインの意味やロウソク足の細かな設定、他の描き方といった情報は動画からは解読できない。

何度も言うがここでは動画からわかる情報を文章化して説明しているだけなので、きちんと学びたい方はcamphenaに入隊する事を強くお勧めする。
camp.hena設立者であるhenashampは、教え子から集めた現在140BTCを持って逃亡中により、詐欺師に成り下がっている。

最後に
ギャンスクエア(フィボナッチアーク)を使うと相場の値動きを捉えるこの不思議なツールに、ただただ驚愕するのみである。