WEBで紹介されているお勧め取引所はまったくお勧めではない


img_66da90ae4ac8bb0db0049c423945c30d691276.jpg 


仮想通貨とは


現在は数多くの仮想通貨が存在する。
一番世間に馴染みのあるのはビットコイン(BTC)だろう。
ビットコインの他の通貨は、アルトコインと呼ばれている。
仮想通貨の売買をしたいのであれば基本的な知識が必要でさらには色々なWEBサイトで「お勧め」と紹介されている取引所はすべてアフィリエイト目的なので、まったくお勧めできない取引所ばかりである。なぜそこが勧めているのか内容がほとんど書かれていない為。
何がお勧めなのか理由も書かずにBITMEXとかbitFlyerがお勧めとか書いているサイトは、総じてアフィカスである。


目次

  1. 日本と海外の取引所のメリットデメリット
  2. 日本の取引所
  3. 海外の取引所
  4. 用途別お勧め取引所


仮想通貨はどうやって手に入れるのか?
まずは日本の取引所に登録する所から始めよう。
取引所は日本のみならず海外にも存在する。しかし馴染みのない海外の取引所をあえて使うメリット、デメリット、日本の取引所のメリットデメリットを交えて紹介する。


※海外の取引所を使うにも、仮想通貨を送金する必要があるため、一つは日本の取引所を必ず登録する必要がある。

※取引所には販売所と交換所があるが、基本的には販売所はスプレッド(買うときは高く、売る時は安い)が大きいため販売所はお勧めできない。ちなみに海外の取引所はほぼすべて交換所である。



日本と海外の取引所のメリットデメリット


010kazukihiro0327_TP_V.jpg 


日本の取引所におけるメリット・デメリットを纏めると以下の通り。


日本の取引所のメリット

・日本語対応。
・円建て取引が可能。
・手数料が安い。(取引所によっては無料)


日本の取引所のデメリット

・ストップ(損切)設定ができない。 ←24時間365日動きのあるマーケットでこれは致命的
・海外の有名取引所の価格に追従する。 ※乖離がある場合も有り
・板が薄い。(取引高が少ないので約定しにくい)
・取り扱っているアルトコインの種類が海外取引所の10分の1程度。買いたいアルトコインはほぼ外国の取引所でしか購入できない。
・アカウント開設に時間がかかる。(ハガキを往復させる為2週間程度 要マイナンバーといった書類)
・販売所で売買するとスプレッドが多い為売買した時点で取引所よりも損をする。


o-WHITE-HOUSE-facebook.jpg



海外の取引所におけるメリット・デメリットを纏めると以下の通り。

海外の取引所のメリット

・基本的には全て取引所。
・多数のアルトコインを取り扱っている為、買いたいアルトコインや草コインの購入が可能。
・板が厚く取引高が多い取引所が多い。
・特殊な取引設定(ストップ・利確の条件設定や分割購入設定等)が可能。
・アカウント開設はメールアドレスで可能な所が多く、取引がすぐに可能


海外の取引所のデメリット

・基本は英語で日本語対応をしていない取引所がある。※中には対応している所もあり
・ハッキングや倒産にあった場合、保証がまったくの未知数。
・送金ミスや何らかの事故があった場合、サポートがすべて英語なので対応が難しい。
・円で取引ができない為(BTC、ドル、USDT建て)、日本でコインを購入し、送金する手間が発生する。※円に換金時も逆の手順が必要。



目次に戻る



日本の取引所



◇bitFlyer お勧め度3


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


日本で一番ビットコインの取引量が多いとされている取引所(FX込み)である。
去年の年末年始はバンバンCMされていたので、知っている人も多いだろう。
しかしこの取引所は使用用途に合わなければ使ってはいけない取引所の一つだろう。

bitFlyerは日本で一番注目されている取引所であるが、ビットコインFXが盛んなだけで特に意味はない。


〇メリット

・ビットコインFXが円建てで利用可能である。
・ビットコインを交換所で交換できる。(販売所はスプレッドが大きくお勧めできない)


〇デメリット

・取り扱っているアルトコインの数少なくさらにアルトコインは全て販売所。
・ビットコインFXの特殊注文が無視される(ストップ(損切)設定がほとんど効かない)
※ある情報だと、15%程度しか機能しなかったという調査結果がある。
・ビットコイン、アルトコイン現物の損切設定ができない。
・出金が遅い。(1週間出金できなかった事例あり)


bitFlyer  ←登録リンク




◇zaif お勧め度2



2018/9/19日にハッキングを受け仮想通貨が流出した事を発表。
利用者への補償等9/20日現在まだ発表なし。

2018年の夏くらいまではサーバーが弱い事で有名だったzaif。
zaifの社長はNEM財団の一員でもあり、NEMの開発に関わっているがあまり意味はない。


〇メリット

・ビットコインFXが円建てで利用可能である。
・ビットコインとアルトコインの全てが取引所で売買可能。
・日本では珍しくアルトコインの数が少しだけ多い。XEMやMONA、草コインを取り扱っている。
・板を立てるMakerは手数料が無く、以前はビットコインのみMakerになると、僅かな手数料がもらえた。現在はなくなっている。※今はMaker手数料0%、成り行き売買手数料0.3%


〇デメリット

・ビットコインFXの特殊注文が無視される。(ストップ(損切)がほとんど効かない)
・現物の損切設定ができない。
・サーバーが弱い時期があり、一定時間売買ができずとんでもない価格になった事がある。※ビットコインが他よりも30万円安いとか。
・板が薄く、特にアルトコインは約定しづらい。
・出金は入金後1週間できない。

Zaif  ←登録リンク




◇coincheck お勧め度3.5

cc.jpg 


2018年年始にハッキングによりXEMを流出。
のちに当時110円程度だったXEMを80円で利用者に補償。
現在は新規アカウント作成を停止している。※2018/9/20日現在

コインチェックもお笑い芸人出川氏がCMをバンバンしていた有名取引所である。
ハッキングの被害によって、利用者への一定の補償がされた初めての日本の取引所である。


〇メリット

・ビットコインとアルトコイン全て取引所で売買可能。
・日本では珍しくアルトコインの数が少しだけ多い。日本人に人気のXEMやXRPを取り扱っている。
・ハッキング被害にあってからの再起なので、一定の対策や補償が今後もあると思われる。


〇デメリット

・現物の損切設定ができない。
・XMRといった匿名通貨が上場廃止となり、取引できるアルトコインの数が減った。
・FXができない。

coincheck  ←登録リンク




◇bitbank お勧め度3.5


ダウンロード 


今年から取引手数料無料サービスをずっと続けている。
取引手数料が無料という他に類を見ないサービスをしている為、若干のセキュリティへの不安は残るが、今のところハッキングの被害はない。
海外取引所から円に戻したい人の換金所にはもってこいの取引所。


〇メリット

・ビットコインとアルトコイン全て取引所で売買可能。
・XRPの取引高が世界1になった。→約定しやすい。
・売買手数料が無料なので、成り行きでも注文がバンバンできる。


〇デメリット

・現物の損切設定ができない。
・ビットコインFXはビットコイン建ての為、少々複雑である。
・XRP以外の通貨は取引高が少ない為、取引にはあまり向いていない。


bitbank  ←登録リンク



その他の日本の取引所

販売所が多いためスプレッドが大きく、購入した時点で含み損になる為まったくお勧めできない。日本で有名取引所は上記4つであり、日本の取引所をどうしても使いたい場合は上記のどれかをお勧めする。最後に用途別お勧め取引所を纏めているので、参考にしてください。



総括

日本の取引所は使う利点はほとんどない。が、取引手数料無料がBitbankや、コインの現物売買とビットコインFXの両方ができる取引所は海外にはあまりない。
FXと現物の両方を一つの取引所で行いたい場合には、日本の取引所を使うメリットがあるが数あるデメリットを踏まえると、お勧めはまったくできないのが現状である。


目次に戻る


海外の取引所


◇Binance お勧め度5

IMG_3328-1024x722.jpg 

世界で一番取引量が多い取引所。
取り扱っているアルトコインも数多くあり、独自のBNCというコインを発行している。
BNCを保有していると売買手数料が四分の一割り引かれるという特典がある。
※以前は一年間手数料半額だったのだが、魅力が半減。


〇メリット

・取引高が多いため、板が厚く約定しやすい。
・様々なアルトコインがあり、その数は100近く。
・BTC建て、USDT建て、ETH建てと取引を選ぶことができる。
・登録はメールアドレスのみで一日で登録可能。※これのみだと出金制限が一日2BTCまで。
・運転免許所で登録できる数少ない海外取引所。※一日100BTCの出金が可能になる。
・現物の損切設定が可能。
・世界一の取引量なので、ハッキング対策には万全を期していると思われる。


〇デメリット

・日本語未対応 ※以前はあったが現在停止
・出金制限があり、登録(運転免許所で可能)のステップを踏まないと、一日の出金制限が2BTCのまま。
・レバレッジ取引ができない。※ショートができないのはかなり大きいデメリット。
・USDT建ての銘柄がまだ少なめ。


Binance  ←登録リンク




◇Bitfinex お勧め度5

large_bitfinex__1_.png 

様々な取引所の価格がある中で、中心価格に見られがちな取引所。
過去に二回のハッキング被害にあっているが復活している。
テザーが発行されるとこの取引所に送られ、BTCが買われ価格が上昇するという図式が以前からある。隠しオーダーという特殊な見えない板を出すことができ、買いと売りの勝負が見られる稀な取引所である。


〇メリット

・世界の中心価格という事もあり、正しい価格で取引可能。
・数少ないアルトコインも3.3倍までのレバレッジをかけることができる。※信用売り、信用買い
・BTC建て、USD建て、ETH建てと取引を選ぶことができる。
・登録はメールアドレスのみですぐに登録可能。
※ただし、取引するには1万ドル相当の仮想通貨入金が必要。入金後は出金しても取引可能。
・様々なオーダーが可能。(利確、損切、分割、隠しオーダー、トレール等)


デメリット

・日本語未対応。
・取引手数料が若干高い。※Maker 0.1% 成り行き売買0.2% 直近の取引額に応じて減少
・1万ドル相当の仮想通貨入金のハードルをクリアできないと取引できない。


BITFINEX ←登録リンク




◇Huobi お勧め度4.5

coinpost2.png 

かなり多くのアルトコインを取り扱っており、取引量も盛んな取引所。
Bainanceと同じくHTという取引所トークンを発行しており、HTトークの大量ホルダーは次の上場する予定コインの投票権を得る事ができる。
運営のマーケットがうまく、同じ系列にJEXという取引所がある。


〇メリット

・かなり多くのコインをUSDT建てで取引可能 ※1USDTは1ドルの価値を担保された仮想通貨
・メールアドレスのみで登録可能。※ただし1日の出金は0.25BTCまで 出金制限を無くすにはパスポートが必要。
・BTC建て、USDT建て、ETH建てと取引を選ぶことができる。
・アルトコインのFXが可能。
・取引量が多く、約定がしやすい。
・日本語対応。


〇デメリット

・手数料が高い  売買手数料0.25% ※その分セキュリティ等きちんとしているという話も。
・日本人向けにサービスしないと公式発表しているが、引き続きサービスを受けれる状態がずっと続くと思われる。
・Bainanceと同じく現物のみ取り扱い。
・現物は損切設定ができない


Huobi ←登録リンク




◇BitMEX お勧め度4.5

bitmex.jpg 

BTCFXをやるならこの取引所というくらい有名どころ。
取引量が多くBitfinexと同じくBTCの価格の中心にみられているFX取引所。
ただしレバレッジ100倍までかけれることから、ストップロスをタイトに設定している人が多く、チャートが髭だらけ(ノイズ)になる事が多い。


〇メリット

・取引量が多いので約定しやすい。板をだすMakerなら手数料が逆に貰える。
・世界の中心価格でトレードできる。
・BTCFXのレバレッジ100倍まで可能
・数は少なく取引量も少ないが特定のアルトの先物FX(レバレッジ20倍)も可能。
・登録がメールアドレスのみですぐに登録可能。
・数少ない日本語対応の取引所。
・デモトレードが可能。


〇デメリット

・BTC建てのFXのみ。
・他の取引所よりも急激な値動きによる髭でロスカットされることが多い。

BitMEX ←登録リンク こちらから登録すると半年間手数料が10%OFF



総括

海外の取引所では、トレードに対してほとんどの要望が叶えられる。
日本語じゃなくてもOKという人は迷わずに海外の取引所を使うべきである。
日本の取引所を使っている時点で、損をする可能性が高まるからだ。


目次に戻る





用途別お勧め取引所



〇BTCの現物を長期ガチホするだけなら

日本の取引所(販売所でない)のどれでもOK。購入しウォレットへ送金するべし。


〇BTCの現物をデイトレードするなら

日本の取引所(販売所でない)のどれでもOK。 
 ※ただし手数料無料の「Bitbank」がお勧めだが取引量が若干物足りないので好みで

〇BTCFXをするなら

UIの使いやすさ、日本語対応、取引の多さ、オーダーの豊富な設定という所から「BitMex」がお勧め。ただしBTC建てのFXになるので、現物のBTCをBitMexに送り、ノーポジにしたい場合は、レバレッジ1倍ショートをかける必要がある。


〇BTCFXのデイトレードのみをするなら

日本円が使用可能で、日本になじみ深い「bitFlyer」がお勧め。
ただしストップが発動しない確率が高い為、張り付いてみている必要がある。寝ポジは絶対ダメ!


〇アルトコインの現物を長期ガチホするだけなら

欲しいアルトコインが売っている取引所どこでもOK。
お勧めは手数料の安さ、登録の速さ、コインの種類の多さで「Binance」がお勧め。


〇アルトコインの現物をデイトレードするなら

取引手数料無料の「Bitbank」がお勧め。ただし種類はETH、XRP、BCHと数が少ない。


〇アルトコインの現物とFX(マージン)を一つの取引所でトレードしたいなら

取引量の大さと種類が多い「Huobi」「Bitfinex」がお勧め。
この二つの取引所は現物を持ちつつ下降トレンドはショートができる点が非常に大きい。


目次に戻る



仮想通貨はボラが激しいので、売買は必ず余剰資金で行いましょう。
関連記事