絶対取れないクレーンゲームが存在する!?


最初はただのぬいぐるみを取るものから始まったクレーンゲームだが、近年様々な商品が置かれるようになっている。ゲーム機や宝石、中には食べ物まで置いてあるクレーンゲームがあるが、クレーンゲームの成功確率をいじる事ができる悪徳な物がでてきている。

クレーンゲーム詐欺 


成功確率を変動させる手口とは!?


クレーンゲームの中には端的に言えば、機械の中で取れないようにする設定が可能な機種(確率変動機)」設定が出来ない機種(実力機)」がある。
確率変動機に関しては、「料金が◯◯円入ったら取れるようになる」という物が多い。つまり、何回かやれば必ず当たるということ。もちろんちゃんと操作しないと取れないが、当りがでる(取れる状態になる)ようになる金額に到達していない場合は、アームがわざと物を離したりぶれたりして、取れないような動きをするのである。
さらに悪質なのは、あるボタンを押さないと成功しない(店員がやる時はボタンをばれないように押して、取れるでしょとやってみせる)という悪質ものまであるのだ。
ユーチューバーであるジョーさんが動画を証拠としてアップしているので、参考までに見てみるとよい。



動画では取れない客に店員が「ほら簡単でしょ」という感じで取って見せ、その後景品を戻す時に怪しいスイッチを触っているのが解る。こうして取れないのは自分のせいと思わせ、いくらでも使わせるのである。

宝くじも詐欺!?

宝くじ 

こういった確率詐欺は世の中にいくらでもある。例えば昔で言えば違法改造をしたパチンコ、パチスロにもあったし、宝くじに至っても当選確率は1000万分の1と言われている。※現在は2000万分の1
確かに6桁で10万の桁が1で固定され、組が99個あるのだから、99999×99に一つで当たるので約1000万分の1である。でも本当にそうなのだろうかと俺は疑問を投げかける。

宝くじの当選発表では○等が何本出たといった当選数の情報はでるのだが、総数が何本売れたかどうかは発表が無い。つまり何がいいたいかというと、
これも当り確率を弄っている可能性が大いにあるのだ。

俺が知っている限りでは、10年以上も前から宝くじの桁数に変化は無い。販売価格も一緒だ。なので当たる確率は一緒という認識でいいはず。※当たる確率は組が倍に増え下がった。
でも当選金額が年々上がっているのはなぜなのだろうか?ジャンボ宝くじは一枚300円という金額も変更はない。
つまり1等の当選金額を上げるという事は、還元率を上げているということになるのだが、実際にそんな話も聞いたこともない。つまりどういうことかというと

宝くじは当たりくじの数を年々減らしていると言えるのではないのか!
※宝くじ公式サイトである「宝くじのあゆみ」に、昔からの売り上げ総額と一等賞金が載っているので、確認すると違和感を感じる。当選確率が下がったとはいえ、前後賞合わせて10億円という金額は、射幸心を煽っているだけで、実際に還元していないのではないか?


推測の域をでないのだが、理論的に当選金額が上昇していて当たる確率が変化しないのはおかしい話だ。もし今回ニュースで取り上げられているクレーンゲームの詐欺にあった被害者を、「そんなに金額を使う方もだめなんじゃ?」と思った人は、宝くじも同じように確率詐欺をしている可能性を考慮してから改めて購入を考えてみてはいかがだろうか。


関連記事