コインチェックの仮想通貨がハッキングで奪われた!


仮想通貨NEMがハッキングにより約580億円奪われるという事件が起こった。
仮想通貨のリスクを以前説明したが、コインチェックに何が起こったのか・・・。

関連記事

新規キャンバス 

事件発生


NEMが外部に不正送金されたのは2018年1月26日の事だ。

その額はなんと約580億円にもおよぶ。

仮想通貨といえばお金ではないという印象もあるが、実際の預金が580億円強盗に奪われたという事と同じ意味である。580億円の銀行強盗といえば、歴史に残る大事件といえる。

コインチェック会見 


逃げれない状態


コインチェックで取引を行っている人にとっては、すぐに他の取引所に移りたいと思っている人が多いだろう。

しかし今は、ビットコイン以外は取引停止になっており、預けている人は逃げたくても逃げれない状態になっている。

泣く大人PC 


コインチェック本社に怒った人が殺到する事態に。
コインチェック代表取締役社長の和田晃一良氏の会見では、質問に対して「わからない」、「検討中」ばかりで利用者に不安しか残らない会見であったからだ。


コインチェックは以前からセキュリティが甘かった?

コインチェック利用者のろいす氏が、ビットコインを引き出そうとするハッキングにあい、その攻防の様子を動画としてYouTubeにアップしている。

事実かどうかはわからないが、コメントにはコインチェック、ビットフライヤー両方でハッキングを受けた事があるというコメントも・・・。






保証はどうなる?


泣く子供アニメ 


日本の銀行なら、銀行が倒産したとなると国から上限があるが一定額の補償というものが存在する。
仮想通貨はそういった制度などまったくない。

奪われた580億円が取り返せないのなら、コインチェックは他の企業に合併or買収されるか、倒産する事は確実だろう。

他の企業に合併or買収されるとなれば、580億円の補償はもしかするとあるかもしれない。
ただ580億円の負債を抱えた企業をどこが買うのかとても疑問な話だ。

となれば倒産となる。
倒産すると返金の可能性は0だろう。保証もなにもない所が仮想通貨だからだ。


※翌日27日コインチェックは余裕者26万人対して、88.549円としう暴落したレートで円で返金をするという発表を行った。その額約460億円になる。
なぜか円で返金という対応に対して、NEMで返せという保有者が続出しているという。

保証が決まった直後のNEM値動き(115円ほどまで急激に値上がり)2018/01/28追加

NEMチャート 


2018/02/15追記
コインチェックは営業再開の目途が立ったとして、日本円の出金を再開した。
だが返金をいつするかはまったく未定のままである。
資金があるとの情報だが、実際は一気に返金すると経営がままならなくなる可能性がある為、そのタイミングを見計らっているようだ。
だが今でも倒産の危機が去ったという訳ではない。



仮想通貨は○○コインと言われたり、物理イメージをしてしまいがちだがたかがデータなのだ。
そのデータにとてつもない価値があるのであれば、国防総省はCIAといった「秘密は絶対に漏れません」といった国レベルのセキュリティが必要なのではないのだろうか。

簡単に民間企業が運営してはいけない世界なのかもしれない。
本物のハッカーは、どこにでも侵入できるのだから。

関連記事