大昔に核戦争はあったの?


Was there a nuclear war long ago?

ロストテクノロジーという言葉があるように、人類史において核戦争があったという話がミステリー肯定派からよく聞かれる。
ではなぜそういうミステリーが言われるようになったのか、何が本当で何が嘘なのか説明してみよう。

Like the term lost technology, the mystery affirmants often hear of the nuclear war in human history. Let's explain why such a mystery came to be said and what was true and what was a lie.


モヘンジョダロ 



世界初の核実験が行われてからミステリーが始まった
Mystery started after the world's first nuclear test.

核爆発 


1945年に世界初の核実験が行われた。その時が高温で熱せられ、ガラス化するという現象が確認されたのだが、このガラス化という現象が他の場所ですでに発見されていたという話がある。

若干出所が怪しいが「月刊ムー」の記事に以下の内容がある。

The world's first nuclear test was carried out in 1945. At that time, it was confirmed that the sand was heated at a high temperature and vitrified, but it has been said that this phenomenon was already found elsewhere.

The source is somewhat suspicious, but the article in "Monthly Mu" has the following content.

ムー 

1932年、北アフリカのリビア砂漠で重さが16ポンドもある融けた黄緑色のガラスの塊が出土したそうだ。

この地には北に13キロ、東西に53キロにわたって、この溶けたガラス質の層が存在していたのである。
これは現在「リビア珪土(ケイド)ガラス」と呼ばれており、ガラス層の形成年代は、2850万年前という鑑定結果が出た。

In 1932, a melted yellow-green glass mass weighing 16 pounds was found in the Libyan desert of North Africa.

This melted glassy layer was 13 kilometers north and 53 kilometers east and west.
This is now called "Libyan silicate glass", and the age of the glass layer was 28.5 million years ago.

このガラス層は、科学者たちは隕石の衝突によって砂が溶けて生まれたものだと主張してきたが、肝心のクレーターは発見されなかった。

実このようなガラス層が形成されるためには地中にあるガラスの元となる珪素が融点(セ氏約1400度)を超えるほどの超高温になる必要があるらしい。

Scientists have claimed that the glass layer was created from the melting of sand from impacts of meteorites, but no key craters were found. In fact, in order for such a glass layer to be formed, it is necessary that the temperature of silicon, which is the base of the glass in the ground, exceeds the melting point (about 1400 degrees Celsius).

地球上でこうした超高温が生じるとすれば、隕石の激突か火山の噴火、そして”熱核反応”しかないのだ。
実はアメリカの考古学者たちも、ある場所でこれとよく似たガラス物質を見たことがあった。ホワイトサンズという核実験施設である。原子爆発が砂のガラス化現象を現出するという事実が報じられている。


The only such high temperatures that can occur on Earth are meteorite crashes, volcanic eruptions, and "thermonuclear reactions."
In fact, archeologists in the United States have seen similar glass materials in some places. It is a nuclear test facility called White Sands. It has been reported that atomic explosions manifest the vitrification of sand.
リビア砂漠にて同様の砂ガラス(と勝手に呼ぶが実際はトリニタイト)が発見されているというのだ。
地質学者がこの砂ガラスはいったいなんだ?と悩ましていたのが、核実験後にこいつがいったいどうやったらできるのかが分かったという話らしい。

隕石の衝突や火山の噴火によっても同様の現象が起きるらしいが、それらの跡がまったくないのに、砂ガラスがある地層が存在するというのだ。


A similar type of sand glass (trivially called but actually trinitite) has been found in the Libyan desert. What is this sand glass for geologists? He was worried that he knew what he could do after the nuclear test. Similar phenomena may also be caused by meteorite impacts or volcanic eruptions, but without any traces, there is a formation with sand glass.


実に面白い。

Really interesting.

ガリレオ 


モヘンジョダロの噓

Mohenjodaro's Lie.


モヘンジョダロ遺跡から発見された遺体から放射能が検出されたとか、ガラス化した町があるといった話がある。

さらに、あたかも核戦争があったと連想されるような神話がその地域に存在する事によって、核戦争がここであったんじゃないか!とミステリー肯定派から言われている。


There are stories that radioactivity was detected in the remains found at the Mohenjodalo archeological site and that there were vitrified towns. In addition, there might be a nuclear war here, as if there were myths in the area that would be associated with a nuclear war! The mystery affirmation says.


では事実はどうか。
放射能が検出されたというのは事実かもしれない。だが放射能というのは意外にも色々な地域で検出されている。

So what is the fact?
It may be true that radioactivity was detected. However, radioactivity has been surprisingly detected in various areas.

例えば新・全国の放射能情報一覧では日本の放射能情報が発表されている。
実に日本の様々な所で検出されていることがわかる。

さらに、広島、長崎といった実際に核兵器が使用された地域と他の地域で同じ量程度しか検出されていない。

For example, in the list of new radioactivity information nationwide, radioactivity information in Japan is announced.
It can be seen that it is actually detected in various places in Japan.

In addition, only the same amount was detected in areas where nuclear weapons were actually used, such as Hiroshima and Nagasaki, and in other areas.

モヘンジョダロでどれくらいかわからない(通常の50倍と言われている?)が放射能が検出されたからといって、核兵器に直結するのはおかしい話なのである。
広島や長崎のウラン・プルトニウム型の核爆弾が落ちた地域ですら、ほとんど検知できないのだから。むしろ核兵器というよりも、放射性物質がそこに存在するという見方の方が自然だ。

I don't know how much it is in Mohenjodalo (it is said to be 50 times normal), but it is strange that it is directly linked to nuclear weapons just because radioactivity is detected. Even uranium-plutonium-type nuclear bombs in Hiroshima and Nagasaki can hardly be detected. Rather than a nuclear weapon, it's more natural to think that radioactive material is there.

他にもモヘンジョダロにはガラス化した町があるという話だが、こういう話があったほうが面白いと考えた人が作ったねつ造説がある。
というのは最初に言い出したのは、イギリスのデイヴィット・W・ダヴェンポートとイタリアのエットレー・ヴィンセンティという2人の研究者。


It is said that there is a vitrified town in Mohenjodalo, but there is a novel theory created by a person who thought that such a story would be more interesting. The first researchers were David W. Davenport in the United Kingdom and Ettley Vincenti in Italy.

彼らがガラスの街を発見し、古代核戦争説をまとめたという書籍はもうどこでも手に入らないし、二人の研究者も行方知れずというのだ。


There is no longer a book about finding a glass city and summarizing the theory of an ancient nuclear war, and two researchers are missing.

さらにモヘンジョダロの専門家はそのガラスの町を見たこともないという話だそうだ。場所すらもわからないという。
グーグルアースでも情報となっている半径400メートルに及ぶようなガラス状の物資で覆われた平原など全く見ることはできない。


It is also said that Mohenjodaro's experts have never seen the glass town. He doesn't even know the location. Even at Google Earth, you can't see the plains covered with glass-like materials that reach a radius of 400 meters, which is the source of information.

実際に誰も場所が確認できないのだから、あるという方が難しいだろう。


It would be more difficult to have one because no one can actually confirm the location.

最後に核兵器が使われたんじゃないかという神話の話だが、調べてみると
マハーバーラタという叙事詩には、8000~10000年前の出来事だといわれている。
インダス文明のモヘンジョダロ遺跡は、今から4000年前と推測されているので、時代がまったく合わないのである。

Finally, a mythical story about nuclear weapons being used,
The epic Mahabharata is said to have occurred 8,000 to 10,000 years ago.
The Mohenjodalo archeological site of the Indus civilization is estimated to be 4000 years ago, so the times are completely out of date.
なのでこちらの話も、ただこうだったら面白いねと話を膨らましているだけなのだ。

So, this story is just swelling as if it were interesting.

ライト 
Shit!

人類史の歩み


History of human history.

所説あるが、人類の祖とされるホモサピエンスが栄えたのが20万年以上前とされている。
そして今から約1万年前に人類は農耕をはじめ、狩猟生活から脱出した。

その後、この1万年の間に急激な化学の進化を遂げ、現代の文明に至るのである。
1万年で急激な進化を遂げた人類の文明は、果たしてこれが最初なのか?という考え方がこのミステリーの根幹にある。


It is said that Homo sapiens, the ancestor of mankind, flourished more than 200,000 years ago. About 10,000 years ago, humans escaped from hunting, starting with farming. Over the last 10,000 years, there has been a rapid evolution of chemistry, leading to modern civilization. Is this the first human civilization that has undergone rapid evolution in 10,000 years? Is at the heart of this mystery.

20万年以上もずっと進化を遂げずに、文明を築くことがなかったのか。
確かに20万年の間に急激な進化が数回起こり、文明が核戦争によって滅んでいるのではないか?という考え方もあるだろう。

核実験で発生した砂ガラスと同様の物が、核実験を行っていない砂漠で発見されているのが証拠だと。

Haven't they evolved for more than 200,000 years and never built a civilization?
Certainly, rapid evolution has occurred several times in 200,000 years, and civilization has been destroyed by nuclear war? There may also be an idea.

Evidence suggests that something similar to sandglass from nuclear tests has been found in deserts where no nuclear tests have been conducted.

ロマン溢れる話だが、隕石の衝突でできた、噴火でできたといった可能性とどっちが高いか考えるべきだと俺は思う。運んできたという事も考えられる。

だけども、自分たちが人類史上初めての高度な文明だと決めつけるのもまた証拠がないのだ。


It's a romantic story, but I think it's better to consider which is more likely, such as the result of a meteorite impact or an eruption. It is also conceivable that they brought them. But there is also no evidence that we decide to be the first advanced civilization in human history.

お勧め
Recommend

Why doesn't humanity go to the moon for nearly 50 years?

関連記事