人生で覚えておくと役に立つ格言


人生には覚える事がたくさんある。
それを読むだけで考えさせられ、「人間力」を鍛える事ができる格言を紹介していこうと思う。



格言集

「苦しい事態に至っても、受けて立てば必ず局面は変化する」

苦しい事はいつでも訪れる。恐れてはいけない。そのまま立ち向かえば必ずいい方向に向かっていく。


「自分を実質以上に見せようとすると、噓や言い訳が多くなる」

自分を大きく見せようとすると、噓を付かなければいけなくなる。問題が生じた時には、言い訳が多くなる。こういった自分を作る必要はなく、ありのままの等身大の自分で精一杯生きる方が人生は楽しくなる。

「子育ての苦労の中に、親である幸せや喜びが詰まっている」

子育てをした人は、親になる幸せや喜びを味わっている。子育ては人生の中の最大の経験といっても過言ではない。親から子へ受け継がれる愛情は人類の歴史でもあるのだ。


「幸福は外からくるのではなく、自分の心の中から生まれる」

幸福とは自分で決めるものである。なので周りから与えられるのを待つのではなく、自分の心の中から作り出していくものだ。どんな状況でも幸福を感じる事ができる。幸福を感じる事が人生を楽しく生きる秘訣でもある。

「一人一人の国を愛する心が、国の将来を築いていく」

国を愛する心は誰もが持っている。一人一人のその愛する心が、強い国を作っていき、そして国の将来を決めるのである。自国の国民である誇りを持ち、国を愛する心を忘れてはいけない。

「自然は利用するものではなく、恵として頂くものである」

自然を利用するという考え方で消費をしてはならない。自然は恵なのだ。その限りある資源を恵として頂き、感謝する心を忘れてはいけない。決して人間のエゴで消費してはいけないのだ。

「要らぬ気づかいをして過ごすと、心と体を疲れさせる」

些細な事に気を遣ってばかりいると心どころか体も疲弊させる。気を遣うことは大切だが、全てに気を遣う事は必要ないのだ。


「相手の姿が自分の姿と分かった時、批判の思いが反省に代わる」

人を見て自分を見つめなおすのはとても大切な事だ。相手の姿に自分を重ね、こういう自分だったかと過去を見直そう。当てはまった時、恥ずかしい思いをするなら反省し、今後に活かすと良いだろう。

「約束を違えるごとに、次第に自分の信用を失っていく」

約束を破ってはいけない。自分にとってはささいな事でも、他人からすればささいな事から信頼を失っていくのだ。自分の信頼を失う事は、今後誰も自分を信用してくれなくなる。

「相手を思いやる優しい心が、良い人間関係を築いていく」

人を思いやる心を忘れてはいけない。思いやる優しい心を持っている人は、周りの人間関係も良好なのだ。人に優しくできない人は、良い人間関係を築く事は不可能なのである。


関連記事