人生で覚えておくと役に立つ格言


人生には覚える事がたくさんある。
それを読むだけで考えさせられ、「人間力」を鍛える事ができる格言を紹介していこうと思う。



格言集

「人生は喜びにあふれている、それを発見するのは感謝の心である」

日々感謝の気持ちを忘れてはいけない。全ての事象が自分への生へとつながっている。その事に感謝する事で、人生は喜びと幸せに満ち溢れたものになるだろう。


「人の欠点に目が行く時は、自分を見る目は閉じている」

人の短所や欠点ばかり目に付く人は、自分はどうなのか一度見つめなおそう。自分の短所や欠点を自覚した時に、人に初めて優しくなれるものだ。

「素直な心ほど自分を成長させる真っすぐな道はない」

素直な心を持つ事を大切にしよう。素直な心は自らの成長に繋がるだろう。一番の近道であり、素直な心は人を惹きつける魅力にもなる。

「説得には言葉だけでなく、相手の幸せを願う誠意が大切である」

人を説得するには、相手を想う気持ちが大切である。相手の幸せを願う誠意が、相手に響く言葉にもなりうる。

「労せずして得たものは、苦労して返さねばならない時が来る」

苦労せずに手に入れたものは総じて魅力を感じないものだ。愛着もわかず、時期がくると他人へと渡っていく時がくるだろう。お金もまたしかりである。

「常に目標を見据えていてこそ、努力はたゆみなく続けられる」

目標は常に持つ方が良い。目標をもった人は、その目標に向かって努力するものだ。日々の努力が力になり、目標を達成する力となるのだ。

「物の豊かさを求めるより、物を活かして使う心の豊かさを養おう」

物を粗末にしてはいけない。物が豊かな事よりも、限りある資源を有効に活かして使う事のほうが大切なのだ。そういった考えが心の豊さを生み、立派な人へと成長していくのだ。

「あれこれ悩むよりまずやってみる事が解決の糸口を開く」

小さな事で悩む時間はとてももったいないことだ。小さな問題で止まっているよりも、行動して解決の糸口を探る方が近道なのである。

「人生は喜びにあふれている、それを発見するのは感謝の心である」

人生とは喜びにあふれているものだ。そう感じない人は自ら発見する行動をとっていない、もしくは感謝の気持ちが足りないのである。全てのものに感謝していれて、自然と自分の人生も喜びにあふれたものになっているだろう。

「人を感動させるものは言葉ではんく、体験から得た信念である」

人を感動させるのは単なる言葉だけでない。自分が体験した事を言葉にし、気持ちをのせた言葉にする事によって、人は感動するのである。。

「相手を不満に思う時は、自分も不満を想わせている」

端的に相手に不満をぶつけてはいけない。相手もまたその時自分に不満を持ってしまうのである。まずは考え、不満をぶつけるのではなく、相手の気持ちになって違った方面から話をしてみるのも良いだろう。


「話し合いとは、お互いが相手の言う事を聞きあう事である」

なかなか話し合いをするのは難しいものである。口論になると一方的に話をしてしまうものだが、お互いの言い分を聞き、そして話をする事が解決に繋がるのである。話し合いとは、お互いの事を理解して話をするということなのである。


関連記事