人生で覚えておくと役に立つ格言


人生には覚える事がたくさんある。
それを読むだけで考えさせられ、「人間力」を鍛える事ができる格言を紹介していこうと思う。



格言集

「新たな発想は厳しい、現実を受け入れるところに生まれる」

この世は自分が全てだと思い込んでいる人は周りが見えなくなる。全ての発想は他人がすでに持っていると思うくらいが良い。そうする事で、今やらなきゃいけない事が解り、行動に移るのだ。

「積んだ努力は無駄にならない、今後の人生の力となる」

どんな物でも努力は決して無駄にならない。学生時代の部活動は、社会にでると役に立たないと思いがちだが、辛い練習を耐えてきた持続力や精神力が鍛えられているのだ。そういった積み重ねが人生の力となる。

「食事は栄養と共に作る人の真心を頂く事である」

飽食の時代を生きている中で忘れがちなのが食事のありがたみである。単純に他の命をもらうだけでなく、作ってくれている人への感謝の気持ちも忘れてはいけないのだ。お金があるからといって、たくさん頼み、たくさん残すという行為は恥を知るべきだ。

「なすべき事を怠っていると、人間としての力が失われていく」

なずべき事は常にある。そのなすべき事を怠ると「人間力」を鍛える事ができない。人間力が乏しい人は、他人に愛されることはないのだ。

「国を尊び家を大切にする人は、個人としても信頼がおける」

自国を愛し家を大切にする人は、何事も同じように感じる事ができる。そういう人を本当の友として持つべきものである。そういう友は、自分が困った時に一番助けてくれるものである。

「何事にも努力を惜しまない人は、周囲から必要とされる人になる」

努力は惜しむべきでない。さぼる事は簡単だが、努力し続けるのは容易ではない。しかしその容易でない事をし続ければ、周囲から信頼を勝ち取り、慕われる人間になるのだ。

「苦労を避けている事は幸せへの機会も避けている事にもなる」

苦労は必ずするべきである。若い時はお金を払っても苦労をしろという言葉があるが、その通りなのだ。苦労をしない人は、苦労している人の心も解りようがない。そうなると、人間的に何かが欠けた状態となり、いい歳でそれが露呈している人はとても恥ずかしい事なのだ。


「厳しいと思える他人への評価が、掛値のない自分の姿である」

他人への評価は厳しいほどよい。それは他人を正当に評価する姿勢であり、自分に噓をつかない姿なのだ。

「少しの決意でできる事も、ため込むと一大決心が必要となる」

やれる事は今すぐやろう。明日やろうはばかやろうという言葉があるように、ため込むとおっくうになりやらなくなる。やると決めた事は今すぐやるのが一番なのだ。

「強く心に決めたことは、自らの行いとなって表れる」

心に決心する事は必要だ。決心するとそれが行動になり、自分の行いとなって表れるのだ。そういった行為は、筋が通っており、周りから認められる存在になっていくのだ。

関連記事