平成29年12月6日の最高裁の判決に関して


NHK受信契約に関する最高裁判所の判決に関して、契約者及び未契約者が知っておかないといけない重要な点が以下の二点である。

1、結局NHKと契約をしないといけないの?
2、契約しなければどうなるの?
この二点に関して簡単にかつ簡潔に解説していこうと思う。

NHK.jpg 


1、結局NHKと契約をしないといけないの?


判決では、国民はNHKと契約をする義務があると最高裁は判断を下している。
だが、一番重要な知りたい内容がテレビではほとんど放送されていないのでここに記載する。

最高裁の判決では契約が締結されるのは、
NHKが契約を申し込み、契約を申し込んだ人が契約を拒み、
NHKが契約をしなければ訴えますよという裁判をおこし、
裁判で契約を結びなさいと判決がでた時
としたのである。

NHKは元々
「契約書を送りつけてから2週間経つと自動的に契約したものとする」
とか

「テレビが無くても受信設備があるだけで契約は成立する」
とかいう傲慢で異常な訴えは、最高裁で棄却されたのだ。

NHK側としては、現在未契約者(約1000万世帯とされている)の全員に裁判をおこし、判決がでるまで契約ができない。NHK側としては、最高裁で契約は義務としたのだから、未契約者が自主的に契約してくれないと、涙目の状態なのである。

ではNHKが裁判を起こしている数はどれくらいなの?という所が気になることだと思う。

なんと
ここ10年でたった2万件なのだ。

一年間で平均たった2000件ということは、
2000/10000000の確率で裁判を起こされる可能性があるということ。

一年間であなたが裁判を起こされる確率は0.02%!!


結論
NHKと今すぐ契約をしないといけないという事はまったくありません。

ただNHKを見ているという人は、契約をしてくださいね。タダ見は駄目(笑)

2、契約しなければどうなるの?

契約をしていない場合はどうなるか、簡潔に言うと

何もありません!今まで通りです!

簡単な例をだすと、日本国憲法の三大義務にこうあります。
・教育の義務
・勤労の義務
・納税の義務

これが日本国憲法で定められている超有名な国民の三大義務ですが、
例えば「勤労の義務」を怠った場合、どうなるでしょうか。
働いていない人に罰則は何もありません!

納税の義務を怠ると罰則がありますが、義務によっては「ただの義務」でそれ以上でもそれ以下でもなく、罰則は無いのです。
つまりNHKと契約をする義務がある判決がでましたが、契約をしていない場合でも裁判を起こされる事がほぼ無く、警察に捕まるという事も断じて無く今まで通り何も変わりありません。


もし裁判を起こされた場合はどうすればよいか?

you20140722.jpg 


このように悲壮感漂わせることはまったくありません!
裁判が起こされる状態というのは、テレビがある事が確認されており、未契約という状態がNHKに把握され、社会的に弱者(NHKは裁判に勝てそうな相手にしか裁判しないらしい)であり、0.02%の確率を引いてしまった場合である。
もし裁判を起こすぞと連絡がきた場合は、

テレビを今すぐ捨てましょう!
そして一か月後に設置しなおしましょう。

NHKは現在テレビを持っていない人に今までの受信料を支払え!とは言ってこない体制をとっているようなのだ。なのでNHKから裁判を起こすぞと言われた人の中には、テレビをただちにに捨て、テレビを現状持っていませんという事を証明し、一か月後にテレビを再度設置する事によって契約を回避し、さらに今までの受信料も払わずに済んだという事例まである。他にも回避方法は多々あるのだが、これが一番手っ取り早い方法である。

NHKの集金人(NHK受信料支払いの契約をお願いに廻っている業務受託業者)が来た場合の対処法

端的で一番いい撃退方法がある。それは
「帰ってください!」集金人に言うだけです。
えっ?それだけ?と思うでしょうがこれだけです。

自分の敷地にて他人を居座らせない権利が日本(どこの国でもだと思うが)には認められています。
帰ってくださいと言われたのに居座り続けると、警察を呼ばれ逮捕されてしまいます。
つまり、NHKの集金人が「帰ってください」と言われると、すごすごと帰るしかないのである。

現在、NHKと契約していない人は数多くいます。
有名な芸能人(松本人志氏等)や警察といった公務員、政治家にもいます。
契約は義務と判決がでましたが、NHKの在り方、番組の内容、公共放送とは思えない報道のやり方、社員の給料(サラリーマン平均年収の約3倍)といった国民から不満がでる公共と謳っている放送局に、契約をただちに行わなければいけないという事はないのです。

現在政治家(市議)であり、NHKから国民を守る党代表の「立花孝志氏」が細かく説明しているので、気になる方はYOU TUBEで知りたい情報を検索し収集してみてください。

関連記事