韓国経済は破綻寸前だから


韓国が慰安婦や竹島問題といった反日活動に精を出すのには理由がある。単純に日本が嫌いというだけではなく、破綻寸前の韓国経済に関わっているのだ。

新聞 


高齢化問題

日本でも高齢化問題が度々取り上げられているか、韓国は日本よりもさらに深刻である。
韓国の総人口に占める40歳以下の人口の割合は、1995年は69.4%だったのだが、2015年には48.1%にまで低下した。
人口の半分以上が40歳以上という事になる。
さらに2050年には32%まで低下すると予測されている。これは寿命が伸びているだけでなく、新生児の出生率が減少傾向にあることも関係している。

総人口に占める65歳以上の人口の割合は現在7%だが、18年には14%、2026年には20%にまで上昇すると予測されている。
これだけ高齢者の割合が増えると、日本で問題になっている年金問題だけでなく、労働力の不足GDPの低下、さらには北朝鮮と戦争が起こった時に、

おじいちゃんばかりがでてくるおじいちゃん部隊という歴史上初めての光景が起こるかもしれない。

おじいちゃん 


高齢化者の収入不足

韓国では、38.5%もの人たちが、老後の生活を支える収入源がないそうだ。
明らかに老後の準備が不足しており、老後の収入源がある場合でも77.6%もの家計が国民年金だけに頼る状況だと説明している。

60歳以上になっても、長時間の肉体労働を強いられ、さらには体を売る売春行為をするおばあちゃんまでいる。

日本の慰安婦(売春婦だったのだが)の問題ばかり取り上げ、自国のアイドルや高齢者の売春行為にはとてもぬるい変な国なのである。
※韓国のほとんどの有名アイドルが枕営業をしているという話は有名だ。

韓国売春 


韓国民の不満が爆発しない為には

北朝鮮同様に韓国もまた自国民の不満が政府に向かないように必死な国である。
国民の不満が政府に向いてしまうと、クーデターが起こりかねない。現に韓国は前大統領が国民によって下ろされてしまっているのだ。常に海外に不満を爆発させておく必要がある。

なので実際には竹島問題で日本と仲が悪くなるよりも、外交カードとして利用し、貿易に利用したほうが得なはずの竹島問題でしきりに日本をあおり、怒りの矛先を日本に向かうように必死に工作しているのである。政治家が竹島に行くのはそのためだ。

慰安婦も同様に、解決すると日本と仲良くなってしまうので困るのだ。さらに韓国だけでなく、北朝鮮も同様である。
韓国が他の国と仲良くすると非常に困るのが北朝鮮なのだ。

ここで奇妙な一致がある。朝鮮半島の休戦中である韓国と北朝鮮の二国が、なぜか一緒になって韓国と日本の仲を悪くしようと必死なのである。
すこぶるおかしい現象だ(笑)

そして韓国は北朝鮮や中国の策略にはまり、どんどん日本と仲が悪くなる方向にさせられているのだ。去年のサンフランシスコの慰安婦像がいい例である。

目障りになり暗殺された可能性があるサンフランシスコの中国系市長だった故エドウィン・リー氏に、中国団体が私有地の銅像を作り、10年以上の管理費と土地、銅像を寄付までし、公的な物として認めてもらったのだ。
目的は明白、本と韓国が仲良くされると中国の東への海外進出が非常に困難になるからだ。


韓国民が爆発するとどうなる?

韓国民の不満が政府に向かい爆発するとどうなるだろう。

まず政府がクーデターによって落とされる。その直後北朝鮮が休戦協定をやぶって南下する事が考えられる。国境付近にあるソウルが落とされるが、アメリカの参戦により北朝鮮はすぐに降伏する事になるだろう。
ただその間に中国、ロシアが朝鮮半島の支配を主張し、結果アメリカ・中国・ロシアの三国の管理下になる。

朝鮮半島は韓国(アメリカ系)・北朝鮮(ロシア)・第三の国(中国)といった三つの国に分裂するだろう。

ある意味韓国政府が日本の仲を良くしたり悪くしたりして、ほど良い仲の悪さを続けているのは、自分たちの未来が破滅しかないという事を知っているからなのだ。


実際に慰安婦問題で日本は何回謝った?

日本は実に7回も謝っている。

1992年7月6日  加藤紘一内閣官房長官
従軍慰安婦として筆舌に尽くし難い辛苦をなめられた全ての方々に対し、改めて衷心よりお詫びと反省の気持ちを申し上げたい。

1993年8月4日  河野洋平内閣官房長官
従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。

1994年8月31日  村山富市首相
従軍慰安婦問題は、女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、私はこの機会に、改めて、心からの深い反省とお詫びの気持ちを申し上げたいと思います。

1995年7月  村山富市首相
従軍慰安婦として心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対して、深くおわびを申し上げたいと思います。

1996年6月23日  橋本龍太郎首相
従軍慰安婦の問題に触れられましたが、私はこの問題ほど女性の名誉と尊厳を傷つけた 問題はないと思います。そして、心からおわびと反省の言葉を申し上げたいと思います。

1998年7月15日  橋本龍太郎首相
すべての元慰安婦の方々に対し心からのおわびと反省の気持ちを申し上げます。

2001年  小泉純一郎首相
従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上げます。



だが韓国は「日本に真の謝罪を求める」と言っている。

では真の謝罪とはいったい何か?それは金である。
やくざと同じで、やくざが謝罪しろと言ってきた場合どういう事をさすのか。

それは金をもっとよこせということだ。

経済が破綻しかかっている韓国は、言葉の謝罪よりも金がもっともっと欲しいのだ。
慰安婦合意で日本は韓国に10億円というお金を韓国に上げたにもかかわらず、
韓国はそれじゃ足りないといっているのだ。

shuusei01.jpg

桁が違うだろー」と!

だがたとえ日本が100億、1000億円と払っても、「金ではなく、真の謝罪を求める」といってくるだろう。それは上記に書いた理由によってであるのだ。



関連記事